太陽光発電のメリット

遊休地が使える、地球にやさしい発電

太陽光発電の最大のメリットは、地球環境への負荷が少ないことです。さらにメガソーラーへ焦点を当てると、土地の有効活用が挙げられます。 作物が育たない土壌であることなどから、使いたくても使えずに、休ませざるを得なかった土地などの「遊んでいる土地」を大規模に活かすことができる点は、メガソーラーの最大のメリットと言えるでしょう。

「ガスを排出せず、資源を消費しない」

太陽光発電の大きなメリットの一つが、二酸化炭素に代表される温室効果ガスを排出しないことです。ソーラーは、発電後に有害な物質を発生させないだけでなく、発電する過程で資源を消費することもありません。規模が大きくなっても、地球環境への負荷が非常に少ない発電システムであるという観点から、メガソーラーに注目が集まっています。

「ガスを排出せず、資源を消費しない」

「土地活用としてのメガソーラー」

メガソーラーが注目されているもう一つの大きな理由に、遊休地の活用として大変に有用である点が挙げられます。農作物の育たなくなってしまった農地やリゾートの未使用地などが、その代表例です。傾斜地などへも設置できることから、メガソーラーは「設置場所の制限が少ない」という太陽光発電の特長も十分に活かしています。

「土地活用としてのメガソーラー」
webでのお問い合わせはこちら
ページ先頭へ